FC2ブログ

活動日記

9月18日

9月18日の練習日記です。

今回担当させていただくのは、ハルちゃんからバトンタッチしました、クラリネットパートのたっくんと申します。
よろしくお願いします。

個性派で才女ぞろいのG4の中で地味~に目立たず活動しています。
みなさまにみていただくようなものをするのは初めてなのでちょっと緊張しています。

世間は台風続きで大変なようですが、みなさまのところは大丈夫でしょうか?
土砂ダムも決壊したかしないかのところらしいですね。
みなさんの被害が少なくてすむよう、心から祈ってます。

では。

この日は東京の方で組合員関係の演奏会があったらしく、G4からも何人か出演したようで、参加者がちょっと少なめな感じでした。
指揮者のひとりもお休みということで合奏はちょっと軽めで。
(指揮者の人は大半ずっとひとりで大変だったかと。。。)

それでもホルンが1人だった以外は曲になるくらいの人数がいるのは何気にすごい。。。

練習は、いつもどおり個人練習をやってから合奏。

まだまだ「楽譜に書いてある音を吹く」ということに必死な段階なのですが、毎回思うことを真面目にひとつ。

団員のみなさま、僕がいうなんておこがましいのですが、面白いことが言えないので許してね。
小さく書くから書かせてね。

あと一歩だけ丁寧に、あと一歩だけ合わせることを意識すれば、超レベルアップするはず。
1.指揮者が出してくれる予備拍と音が出てからのテンポがかなり違うように思います。
 ほとんどの場合が遅いです。
 多分、指揮者が出すテンポをつかめている人は多いと思うのですが、それが息の出し方や指の正確な動きに繋がっていないような。。。きっと、あと一歩だけ丁寧に、集中して狙いを定めれば合うはず。

2.音程が合わない&音色がきつい。
 これは。。。まず、個人が出している音がしっかりしている(ただ音が大きいという意味ではない)ことが前提かと思います。
 息使いやタンギング、指使いなどはすべて連動しているので、それらの、音を出すのに必要なプロセスをあと一歩だけ丁寧にやればきっとみちがえるはず。

何を偉そうに、とお思いの方もきっといらっしゃることでしょうが、これは自分も含めたことなので。。。



G4って、本番にはすごくいい演奏をするんです。
(思いっきり手前みそなんですが。。。)

きっと、お客様に「いい演奏を共有したい」という思いが集中力になっているんだと思うんです。
だから、たくさんの人に聞いていただきたいと思ってます。

これを読んでいただいているG4以外の方々、次回もいい演奏をお届けしたいと思いますので、定期演奏会にはぜひともいらしてくださいね!


次回の練習日記は、同じクラリネットパートの先輩である、おじょうにお願いしたいと思います。
おじょう、お願いします☆

それでは今回の練習日記はこの辺で。
失礼しまーす。
スポンサーサイト



TOP▲
Copyright © G4 Brass Ensemble All Rights Reserved. / Powered by FC2 Blog