FC2ブログ

活動日記

5月29日

我等がパートリーダー、すーじー。さんよりバトンいただきました!
クラリネットパートのハチャ・メチャ子です。
メチャ・クチャ子じゃないですからね。よろしく。

5月29日 台風2号の接近で風雨。

台風2号の接近で、雨が降るわ風が吹くわ電車は止まるわ。。

そんな中でも、7月16日のサマコンに向けた練習は行なわれました。
実はこの週末、我々クラリネットパートにとっては、ちょっと充実の
週末だったんですよ。

前日土曜日は、パートの新入団員「ミドラ」の歓迎会。
おひとりさま3500円、飲み放題・時間制限無し・個室。
総勢17名の所帯から成るクラリネットパート。
飲み会も盛大!修羅場。奇声多発、酔っ払い多発、被害者ちょいちょい。。
4時間にわたって店に居座り、親睦のときを楽しんだのでありました。
親睦、大事です。

そして大雨の日曜日は、昼からパート練習。
前日の酒を残さず、楽譜が読みきれていない部分や指が回っていない
部分を繰り返し練習。アルト・バスクラリネットのメンバーには、ちょっと
吹く時間の少ないパート練習になってしまったかも知れないけど、一応パート
としての課題を共有することができたかな。大所帯だけになかなか皆の時間を
合わせるのは大変だけど、大事なことはとりあえず試してみる。
そして試したからにはきっと成果を出す。そんな感じです。

夕方からは合奏。
台風接近に伴う電車の運行規制などがチラホラと聞かれ、急遽全体練習を
30分切り上げることに。遠方の人は練習に参加できないなどの障害も
ある中、気転の利いた練習スケジュールの変更での対応となりました。

合奏のポイントとして・・・

【全体的に】
  もう少し丁寧に吹こう。吹きすぎないこと。気を付けすぎることはない。
  ダンス合わせのある曲とか、「ふんふんっ・・・」てなってアガりすぎないこと。
【某ボーカル入りの曲】
  歌詞を全員に配布いただきました。歌詞や元々のオペラの背景を皆でよく
  理解して、ソロが引き立つ仕上げにしていきましょう!
【神光臨の大阪シリーズのお祭曲】
  小休止。一旦全員で管弦楽バージョンを聴き、その後に1度通しました。
  マエストロ秀美ちゃんのまとめてくれたポイントとしては、
  ・管弦楽バージョン : より絵画的。描かれた祭の様子を眺めている印象。
  ・吹奏楽バージョン : 自分たちが祭の中に入っていってパーッとやっている印象。
  なるほど、確かに賑やかで華やかな吹奏楽バージョンに比べ、管弦楽バージョンは
  神々しい印象がありました。
  同じ曲でも違った編成の演奏を参考にし、自分たちの新しい作品を作っていく姿勢、
  大事にしていきましょう!

そんな中、気付きが2つありました。

1.なんかスイッチが入った!?
  実は先週まで、ちょっとサマコン自体のイメージが覚束ない部分があり、
  今回の練習が「本番まであと7回」という言葉に、焦りばかりを感じていました。
  先週までの練習日記を振り返っても、なんとなく皆同じことを感じてたかなぁと。

  今回、皆の呼吸が少しずつ合ってきたこと、パート練習の機会も持ててイメージ
  合わせが深められたこと、練習を進行してくれる指揮者の工夫、演出との合わせ
  などもあって、サマコンそのもののフレームが随分クリアになってきたように感じます。
  少しターニング・ポイント的な練習だったんじゃないかなぁと。
  ちょっとスイッチONな感じのこの雰囲気、個人的に大好きです。

2.やっぱりHOMEはイイネ!
  久しぶりにホームグラウンドでの練習でした。
  会場係がホームグラウンドを中心に、毎週の練習場所を確保してくれています。
  ただ、時にはアウェイでの練習になってしまうことがあるのは仕方のないこと。
  アウェイのときには、大型楽器・打楽器の皆さんのご苦労も然ることながら、
  練習時間の短縮もあるし、なによりホールが違う。音の聞こえ方が違うし、
  精神的にも音楽的にも、少し浮き足立ったような感じになってしまっていた
  ような気がします。
  ホームグラウンドでの練習では、皆の息が合う。やっぱりホームだね!!

雨が激しくなる中、帰宅しながらぼんやり考えてました。
皆、明日からまた仕事なのに、電車の運行規制が出てくるかも知れないほど大雨の降る
日曜日の夜なのに、ホントに音楽が好きなんだな~と。

台風の接近する夜にも重ねた練習、サマコン本番の後にはきっと黄金のように輝く時間に
なっていることと思います。残り時間は僅かですが、まだまだできることがある。
来週も、そのまた来週も、皆元気で楽しく行きましょう。

サマコンを楽しみにして下さっている皆さまにも、音楽の素晴らしさを届けられるように!!

さ、次のバトンは・・・
ホームグラウンドを守り、皆の練習場所を確保すべく奔走してくれている会場係。
そして今回のサマコンではかっこいいピッチカートが見逃せない・・・

コントラバス「ふみ子」ちゃんにお願いしま~~す!
スポンサーサイト



TOP▲

5月22日

こんばんは!高音の最良パートナー:弱腸先生よりバトンを渡されました
G4のE♭クラを担当しております、すーじーです。

本日5月23日(月)は大雨。帰りはビショビショになりながら家に着きました。

そんなことはさておき・・・5月22日の練習レポートを。

昨日は団員の出席率も良く、7~8割の団員が出席。
だがしかし、我がクラパートは3分の1がお休みでした。
それはさておき、演奏会まで残すところ、昨日を含め後8回。

昨日の合奏で思った私個人の感想・・・

・みんながみんな好きなように吹いている。
・他の人と音を合わすでもなく、楽譜に書かれている強弱記号を気にするでもなく
 吹きたいように、みんなが個人で気持ちのいいように吹いている。
・前々から言われている、いわゆるオ○ニー合奏。

確かに、年々レベルの高い曲が選曲され、団員に負担がかかってるのも事実。
けど、おそらくレベルの低い曲が選曲されるとモチベーションが下がるのも
今の現状で、ジレンマもあるのですが。。。

春の定期演奏会が終わり、サマコンまでの期間が短いのは前から目に見えていた事。
集中力と言う意味ではまだまだな感じで、これから後7回の間でどれだけのことが
出来るか?

7回と言う少ない練習時間ですが、期間にして後1ヶ月半少々。
まだまだ、個々人で出来る事、パート練習で出来る事。まだまだあると思うので
有意義な1ヶ月半にしたいと思います。

おそらくこれからの練習で

・少なくとも隣の人とタイミングを合わせる
・柔らかいきれいな音で吹く
・決して吹きすぎない

これだけのことを守れば、もっともっとレベルの高い合奏が出来るはず。
G4は絶対いい音が出せるバンドなんやから大丈夫!

と思いながら、次の練習前にはクラパートもパート練習をします!
1回のパー練でも何かが変わればと思い頑張ります!

と言う事で長いレポートになりましたが、次週のレポートを
同じクラパートで、弱腸先生と同じ誕生日のハチャメチャ子さん、お願いします!
TOP▲

5月15日

ちゃお。愛の伝道師、フルートパートのしゃぶりぃぬです。

今日はフルートパート、アタイ一人とかいいかげんにしてよ
やられたわ…完璧にやられたわ。
こーたくんは東京、よこちんは外国人になるし、
パーリーのサラサは恋愛のモツレで涅槃に旅立つし…

オメーら呪殺しゃちゃうよ

日記更新を早々とまっくくんにゆわれてたのにから、
帰りしなまっくくんの顔見て、

あっ!!

みたいな…

おーこわ…

ほなら…今日は…えぇっと…


そ、そう、今日は人少なかった
コンダクターのひでみちゃんが、

G4は疲れてるくらいの方が力が抜けていい音がするのよぉ

ってゆうてた。
せやな。その通りやった。

しゃーけど、あの例の大阪の風物詩の曲(神降臨)、
難しいなぁ。
まだまだ、耳で吹いてるからさぁ、
事故起こったらとんでもないことになんでぇ
他の音聞くのはエエことやけど、依存しすぎたらアカン。
楽譜ガン見すんのんと耳で合わせんのはそろそろ離れて、
指揮を意識するようにせな、
今日、何回もやってたあの部分恐いわぁ…

もちろん自分にも戒め。

あと、今日思ったんが、G4ってリズミカルなポップス曲、
昔より素敵になってきた気がする。

コンダクター&アレンジャーのミドリカワ先生のアレンジ曲を
演奏会でするようになってきてからやと思う。

G4のサウンドや個性に合うアレンジってのも大きいねんけど、
リズム合せのテクニックなんかが、わんさか入ってるから、
曲を合奏するたんびに、ほぼアレンジ曲がメソッドの代わりになってんのやと思う。

さぁ、サマーコンサートまで合奏10回切ってるし、
パー練も入れて楽しんでベスト尽くしましょ

って言いながら、フルートパートのパー練は、
食事会なのでR。

ぎゃー
自動書記にて暴露してもた…どーしよー、こーたくん早く帰ってきて
アタイ狙われるわ…サラサに殺されるぅ

ほなら、次のレポーターは高音パートの最良パートナー

すーじー先輩@EsCl
じゃ。すーじー先輩、よろしくね

あなたの心のイチヂク浣腸、しゃぶりぃぬでした。
TOP▲
« Prev | 活動日記TOP | 
Copyright © G4 Brass Ensemble All Rights Reserved. / Powered by FC2 Blog